あたしンちは、家族の愉快な生活です。

あたしンちは、一般的な家族の愉快な生活を描かれた
漫画ですがとても面白いです。
家族構成は、無口で頑固な父親、おしゃべり好きな変わった母親、
夢見がちな高校生のおねえちゃん、苦労人の弟で家族構成をされており
主に母親が多く出ます。 “あたしンちは、家族の愉快な生活です。”の続きを読む

未だ成長を続ける不朽の名作

主人公は超一流のスナイパー『デューク東郷』。
『ゴルゴ13』と呼ばれる彼は、誰にも不可能とされる狙撃を可能とし
世界の諜報機関をもってしても捕まえることのできない。
そうして彼は依頼を受け、時に裏切られもし、様々な暗殺
報復をこなしていく。 “未だ成長を続ける不朽の名作”の続きを読む

オイ!!オバさんを読んでの感想。

月刊少年チャンピオンで連載され、12巻で完結している作品になります。
高校生になった主人公の男の子の前に突如、見覚えのある女の子が
やってきます。
その女の子は主人公と同い年のおばさんなのです。 “オイ!!オバさんを読んでの感想。”の続きを読む

ハンター×ハンターを読んでの感想。

1998年から連載され、32巻が発売されています。
くじら島に住んでいる主人公のゴンは父親と同じハンターになるため
父親に会うために旅に出ます。
様々な仲間と出会い別れ、体や心を鍛え、技を磨き多くの強者と
戦っていきます。 “ハンター×ハンターを読んでの感想。”の続きを読む

ぬらりひょんの孫を読んでの感想。

主人公の奴良リクオは見た目は人間の子供ですが
実はぬらりひょんという妖怪の孫でもあります。

ぬらりひょんは「奴良組」という妖怪の頭をやっています。
家には奴良組の多くの妖怪達がいて、リクオとお母さんと
一緒に暮らしています。 “ぬらりひょんの孫を読んでの感想。”の続きを読む

機動戦士ガンダム サンダーボルトを読んでみての感想。

地球連邦軍とジオン軍による戦争漫画です。
始めはサンダーボルト宙域という場所でのモビルスーツ同士の
戦争を描いています。

ジオンにとっての重要な補給経路になっているサンダーボルト宙域を
地球連邦軍が奪還しようとしている場面から始まります。

過去に何度も連邦軍はモビルスーツを送り込んでいるのですが
ジオンの凄腕のスナイパーにことごとくやられてしまって
中々奪還することができないでいます。
今回送り込まれた部隊は果たして奪還できるのでしょうか。 “機動戦士ガンダム サンダーボルトを読んでみての感想。”の続きを読む

銀魂を読んでの感想です。

江戸時代の侍がいた日本に「天人」と呼ばれる異人が来襲。
その天人が台頭し江戸をしきっている状態で侍たちは路頭に迷うこととなる。

そんな世の中で何とか両親が残してくれた道場を借金を抱えながらも
維持しようと頑張っている姉弟の新八と妙。 “銀魂を読んでの感想です。”の続きを読む

ちいさいひと 青葉児童相談所物語

青葉児童相談所に着任してきた新米児童福祉司、相川健太が、様々なケースで
虐待されている子供たちの笑顔を取り戻すべく奮闘する、連作短編形式の物語。

絵はかわいい系で見やすく、主人公健太や健太を取り巻く児童相談所の面々に
いわゆる「悪役」がいないので、感情移入もしやすくあっという間にストーリーに引き込まれます。 “ちいさいひと 青葉児童相談所物語”の続きを読む